--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/09/28(水)
『うあぁあ』
 ぐ・・・具合悪い・・・頭痛い。
 実は昨日夜中に頭痛と腹痛に襲われて起きた。
 その後、4時まで一人でうなってた・・・ぐったり。
 熱は無いんだ。ただただしんどくて・・・うー・・・
 今日部活の集まり(学校祭の準備)あるけど、行っても邪魔になりそう。だから頼まれていたブツを届けたら自分の部屋で死んでいよう。
 寝てるよりパソやってた方が楽だ。何故?


 あ、以下追記は見ても見なくても(そっちが主ではあるが
 mixiの方でなくHPの方で回ってきてた。
 
more…
スポンサーサイト
2005/09/25(日)
『映画ぱーと20&21』
 続き物だし、まとめて感想を。

 はい、今更ながら「マトリックスリローデット/レボリューションズ」観ました。
 前作も観たし、続きも観とこうと思い。
 とりあえず言うことは2つ。

 スミスきもいっ!!(笑)

  そしてミフネ船長カッコイイ!!

 ・・・えー、もうこの2言に限りますね(何
 だって、あんなに同じ顔がうじゃうじゃしてたらきもいですよ。
 最初の戦闘シーンで既に「きもい・・・」と口走ってしまったのに。ましてやラストなんて。
 叫びました。「どうしよう! きもっ!」(どうしようもない
 そしてミフネキャプテン。漢だねぇ。咆哮しながら戦う姿がカッコ良過ぎです。
 ・・・む。それくらいしか感想がないな(汗)
 友人から「ビデオクリップだと思って観るといいよ」というアドバイスを受けて、そういう観点から観てみた。
 成程、気をつけて観ると音楽と映像のマッチ感がすごい。
 音楽に映像がぴったり合う瞬間ってちょっとぞくっとする。
 劇が上手くいった瞬間に似てる。鳥肌が立つ。
 その点に関して言えばマトリックスの作品はレベルが高いと思う。

 けどなぁ・・・
 自分的には何か物足りない。何故かはわからないけど。
 映画の観すぎかなぁ。変に目が肥えてきた。
 止めるとかいって映画止まりません・・・困った。
2005/09/23(金)
『映画ぱーと19なのです』
 ・・・さすがにもう止めとこうかな、映画。

 「Ray」見ました。
 2004年に亡くなったレイ・チャールズ氏の生涯を描いた映画。
 レイ・チャールズ氏は音楽でしか知らなかった。
 うーむ。決して褒められるような人生ではなかったようだけど。
 最初の方は彼が売り出し始めていく所が描かれているのだけど、そこ辺りはあんまり面白くは無かった。
 中盤辺りからかなぁ。曲の感じとか、どんどん落ちていく様とか。ドラマがあった気がする。
 ラストに近い所でドラッグを絶つあたりが一番ぐっときた。
 それにしても主演のジェイミー・フォックス氏はすごいね。レイ・チャールズそのものだったよ。
 観ながら「おいおい、何考えてるんだ」とつっ込みたくなるところもありますが、なかなか良い映画でした。
2005/09/22(木)
『久々にバトン』
 その名もフェチバトン(笑)
 きりゅ君からいただきました。さくさくいこー。

 ①貴方は何フェチ?
  長身フェチ。背の高い人見るとときめく。男女問わず(ぇ
  手フェチ。すらっとした手って素敵。ごつごつ感も好き。

 ②異性を見る時、まず何処を見る?
  どこだろう。まず身長を目測で測りますね(笑) もう癖だ。
  あとは顔? よく見ることは無い。そしてすぐ忘れる・・・

 ③最近プッシュできる部位
  首・・・かな。鎖骨の辺りとか。
  太すぎず、細すぎずが良い。

 ④異性の好きな部位5つ
  手、鎖骨、足首、ウエスト(細いのに限る・笑)、目。
  どうやら目つきの悪い人が好きみたいで。

 ⑤フェチを感じる衣装は?
  別に衣装ではフェチ感じないけど・・・
  あえて言うなら黒服。黒コートや黒スーツとか。素敵だ。
  でも学ランにはフェチを感じない。ガキってイメージ。
  あ、衣装というか縁太い眼鏡は好きかも(笑)

 ⑥バトンを渡す5人
  ええっと、マサルさん、梅太先輩いかがですかー。
  でんこももし見てたらどぞ。
2005/09/22(木)
『映画ぱーと18』
 今頃になって、ね。

 「マトリックス」観たのです。
 本当に今更だなー(笑)
 何となく今まで見る気にならなかったのですよ。
 で。
 何とも感想を言いがたい映画だった気がするなぁ。
 仮想現実がどうこうは結構好きなネタではあるが・・・
 展開が読めたし。どんでん返しというものが無かったから少し単調。
 それになぁ・・・ちょっとはアクションシーン期待してみたんだけど。
 リベリオンのほうがもうちょっと格好良いと思うぞ。
 残像で手が沢山見えるのってギャグじゃないか?
 レッドドラゴン以来久々にネガティブ感想。

 まぁ、いろいろ言っておきながら続きも借りようと思っているわけですがね。
2005/09/18(日)
『懲りずに映画ぱーと17』
 ああ困った。映画が止まらないよ。暇なせいです。

 「ショコラ」観ました。
 前々から観たい観たいと思ってやっと借りれた。
 やっぱり自分好みー!
 あのゆったりと進んでいく感じが良い。
 主演のジュリエット・ビノシュ氏も良かったし。
 出てくるチョコ・・・食べたいなぁ(じゅるり
 どれも美味しそうで。一番食べて、いや、飲んでみたいのはホット・チョコだなぁ。ホットチリ入りのチョコも捨てがたい。
 この映画でもジョニー・デップ氏は格好良かった(笑)
 たとえ薄汚れた格好でも彼は光っていた。すごいな。
 自分好みの映画で満足。
more…
2005/09/17(土)
『映画ぱーと16』
 これで最後にしておこうかな・・・夏休み中は。

 「メメント」観ました。
 うん、なんか素直にいい映画だなぁと。
 手法も面白いし、じわじわと事実に迫っていく感じが良かった。
 役者も良かったし。ガイ・ピアーズ氏の演技のお陰でその世界観に入り込めたというか、飲み込まれたというか。
 だんだん自分もよくわからなくなってくるんだよなぁ。混乱してしまう。
 実際にこんな風になったら・・・もう何も信じられないな、きっと。
 面白い映画でした。
2005/09/16(金)
『映画ぱーと15』
 おお、15作目だ。すご。

 「アレキサンダー」観終わりました。
 スケールがすごいなぁ。迫力はすごい。
 一番最初の戦のシーンは鳥肌が。言葉に上手く表せないが、凄まじさがあった。
 あんな風に大昔も戦ってたのかなぁ・・・すごく不毛な気がする・・・
 というかよくインドまで行ったよ。インドで兵はぶち切れたけど。
 観ている私でさえ疲れたのに。長かった。
 それと・・・・・・アレキサンダーってホモ映画?(おい 
 いや、そういう概念でないことはわかっているんだけど! 
 プラトニックなのはわかるんだけど・・・どうも抵抗が(汗)
 そりゃあ奥さん怒るよ。うん。
 アンソニーおじ様は・・・老けたなぁ。相変わらずいい声してた。重要な役だったし。
 思った以上に面白かったかな。
 けど、途中で「もういいからバビロン帰ろうよ(泣)」という気持ちになってくるですよ・・・
2005/09/16(金)
『映画ぱーと14』
 ここ2週間で、14本もの映画を観てきた・・・暇人ですね・・・

 「トゥルーコーリング vol.1」観ました。
 そういえばどういう話なのか聞いていませんでした。
 き、きりゅさん、あれ結構心臓に悪いね(汗)
 「助けて」って目を開く瞬間、自分心臓止まるかと思いました・・・
 面白かったー。サスペンス・・・でいいのかな?
 2話目の放火の犯人はわかった。けど、結末は予想してなくてちょっと泣けた。
 あときりゅさんが言ってた弟(笑) 確かに可愛いね。
 続きが気になります。借りれたらまた借りてこよう。

 
2005/09/15(木)
『映画ぱーと13』
 勢いに乗って観てしまった。明日新作と共に返せるな。

 「レッド・ドラゴン」観たー。
 アンソニーおじ様は昔からおじ様でした。髪の毛結ってたー。ちょっと笑えた。
 最初のシーンは他のシリーズ観た人ならすぐに戦慄するはず・・・ぞぞ。
 食べちゃ駄目だー!(泣)
 アンソニーおじ様活躍(?)という話ではなく、おじ様を逮捕した有能な捜査官の話。
 まあまあ面白い映画ではあった。が、羊たち~やハンニバルほどの面白さは無かった。
 一番は・・・映像美? 羊たち~やハンニバルには映像と音楽の美しさがあったんだけど、この映画にはあまりそれが無かったことだろうか。監督がそれぞれ違うことも理由の一つなんだろうけど。
 後は、この駄目な脳みそでも推理ができて、ラストがわかってしまったことかな。わかりやすかったからなぁ・・・。
 エミリー・ワトソンさん・・・リベリオンの感想で美人じゃないとかいってごめんなさい(汗) 演技が良かった。さすがベテラン。
 んー・・・珍しく否定的な感想ばかりだな。
 この映画って出番の少ないレクター博士が支えているように思えてならないんだよな・・・おじ様ファンという目からじゃなくとも。
 
 とりあえず羊たち~やハンニバルを観た人は観てみてもいいのでは、とだけ言っておこう。
2005/09/14(水)
『映画ぱーと12』
 天気予報通り雨になった。晴れろー。

 「コンスタンティン」観たー。
 うおお何て自分好みな(笑)
 思ったよりバトルシーンが少なくてちょっと残念ですが。
 好きなネタです。天使や悪魔。
 どうも漫画とかで取り上げられるルシファーって美形ばっかだけど、映画ではおっさんだった(笑) 私もイメージはおっさん。きっと神様もおっさんだ。コンスタンティンおっさんにモテモテ。
 ガブリエルは、よく絵画に表されているビジュアルだったような。女優さんの顔が天使っぽかった。
 天国の描写は無いんだなぁ。表すとしたらどんな風に表現するのかちょっと見てみたかった。
 黒コートのキアヌさんよかった。良いね黒コート。ツボだ。
 リベリオンの人も黒コート。自分黒コートフェチなのか?(笑)
 面白かったと思う。
 自分の好みだったので楽しめたのかもしれないが。

 さて、お次はアンソニーおじ様です。
2005/09/13(火)
『映画ぱーと11』
 もう映画観すぎだよ2週間ぐらい・・・。そろそろやめとこうかなぁ。

 「オペラ座の怪人」観たー。
 観終わってから言うのはやっぱりあれですが・・・舞台上以外で歌っていると変な気分になるなぁ。ミュージカルなんだからそこは気にしちゃ駄目ですが。
 最後の山場に行くまで、ファントムは行き過ぎたストーカーのようでした(苦笑) ようというか、そのまんま?
 「クリスティーヌがいいんだい!」と駄々をこねる子どものようでもあった。
 それは彼の孤独な人生がそうさせたのだろうけど。
 最後の場面で彼が哀れになった。
 劇中の歌は結構好きだった。タイトルと同じ「オペラ座の怪人」という曲がやはり一番印象的だった。
 面白い映画でしたよ。
 あんまり展開にドキドキしなかったのは「ハンニバル」を観た後だからか?(笑)
2005/09/13(火)
『映画ぱーと10』
 今日もなかなか暑かった。

 「ハンニバル」観ましたー。
 羊たち~に比べてドキドキ感は減ってましたが、やはり面白かった。
 こちらはどちらかというとグロい場面が多くて・・・うう・・・
 の・・・脳みそが(強制終了
 一番印象的なのはラストの晩餐ですね・・・。そういうのが駄目な人は泣いてしまうかもね。自分もきつかった。
 しかしアンソニーおじ様格好良いなぁ。主人公をお姫様抱っこするところなんて様になってましたよ。良い。
 友人曰く、「切ないラブストーリー」です。あながち間違ってはいない・・・よ?

 そしてまた借りてきましたー。
 「コンスタンティン」、「オペラ座の怪人」、「レッド・ドラゴン」。
 「コンスタンティン」やっと観れる~。この前は借りられてたから。
 「オペラ座~」は後輩が好きだった気がする。さて、面白いのかな~。楽しみ。
 「レッド~」は羊たち~以前の物語。すっかりアンソニーおじ様にはまってしまいましたよ(苦笑)

 さて、どれから観ようかな。
2005/09/12(月)
『映画・・・?』
 寝る前に・・・。

 観ました。「FLY,DADDY,FLY」
 ――――の、劇場紹介ムービー(笑)
 そりゃあ無料だっての。自分が笑えた。
 ますます観たくなりました。
 明日きっと借りに行くので、今度こそ観たいDVDがおいてありますように・・・!
2005/09/12(月)
『映画9』
 をを・・・手が震える・・・

 「羊たちの沈黙」観たー…
 こ、怖かったよ。もう口を手で押さえながら観てた。
 ある意味ホラーだよ・・・
 でも、うん。いい映画でした。
 こんなに怖いのって、ばっちり映画に引き込まれているからなんだよね。目が離せない展開にもう心臓がうるさい位どくどくと鳴り響く。
 アンソニー・ホプキンスも格好良かった。途中から怖くなったけど。
 うう・・・脱獄するシーンが一番恐ろしかったよ・・・
 入れ替わっていたのは何となくわかったけど。
 
 ああ・・・夢に出そう・・・
 明日再び頑張って「ハンニバル」観ます。
 ・・・・・・友人と一緒に(え?
2005/09/09(金)
『映画ぱーと8』
 さてさて。夕飯の片付けもせずに映画ですよ(おい

 さっき『座頭市』を見終わりました。
 面白かったー!
 エンターテイメントですね。上手くいえませんけど。
 例のタップダンスも良かった。要所要所の演出も好みだった。
 殺陣・・・いいね。ビバ日本刀。居合いも好きだー!
 北野武監督の居合い・・・もうちょっと素早い方がいいけど(無茶言うな
 あえて難を言うなら、所々に大根役者がいた事くらいかなぁ。
 けどそれも周りのいい役者さんたちのお陰で目立たなかったし。
 R指定なだけあって少しグロかったけど。殺陣があるから仕方ないかもね。
 面白い映画でした。満足。
2005/09/09(金)
『映画ぱーと7』
 午前中に届く予定の荷物が12時の10分前に届くとはどういう了見だ。
 久々に早起きしたのに(8時で早起きって

 
 今日は『リベリオン』を観ました。
 ううむ、アクションシーンはすごかったな。
 「ガン=カタ」っていう格闘技で相手を倒しまくる。
 武装した10人以上の男のいる部屋に入って、一度も撃たれることなく全員を倒すんですよ。すご過ぎ。
 でもちょっとドキドキ感が自分には耐えられない…
 主人公が反逆者であることがばれるか冷や冷や。ていうかアンタ大人しくしてろ! バレるだろうが(笑)
 何度も一時停止してしまった小心者がここに…
 一つ悔やまれるのは…ヒロイン美人じゃない(失礼
 でもなぁ。主人公一目惚れっぽいし。もっと若くても良かったのでは・・・?
 久々に観たーって実感のある面白い映画でした。
2005/09/08(木)
『すいんぐ』
 今日も元気に映画鑑賞いってみよー。

 本日は『スウィングガールズ』です。
 いやー、面白かった。
 ジャズは詳しくないけど聴いててわくわくします。好きだ。
 この映画の馬鹿らしいところとか良い。最高。
 褒めてますよ。その絶妙に笑いのツボをついてくる感じが良かったです。
 アパートなので必死に声抑えて爆笑。
 青春って感じの映画でした。


 そうそう、霧生氏に教えてもらった『トゥルー・コーリング』見つけました。めっちゃ目立つところにあった(恥
 しかぁし、一巻全部無かったのでした(撃沈
 大人しく霧生氏の帰還を待ちます…。
 
 他に借りたのは『座頭市』、『リベリオン』の二本。
 座頭市のタップダンスが観たいのです。
 まだ観てないのかよー、とか言わないで下さい(泣)
2005/09/07(水)
『映画ぱーと5』
 外は台風の影響で大荒れですが、外に一歩も出なくていいので無問題です。

 明日には返さなくてはならない『ネバーランド』を鑑賞。
 空想がちな劇作家が公園でとある未亡人とその息子たちと出会う。
 彼らと触れ合ううちにある物語が浮かんでくる。
 
 ジョニー・デップ格好良い…(ミーハー
 紳士服が似合う人って良い。良いよ君。
 ちょっと優男っぽいけど。
 未亡人のお母さんもなかなか良い嫌味なおばあさんっぷりで良かった。
 涙ながらにクラップする所はちょっと笑ってしまったけれどさ。
 そこであんたが真っ先に拍手?! って。
 いえ、笑える映画ではありませんよ。感動物です。
 胸の中にすとんと降りてくる感じの物語でした。
 変なところで泣きたくなってしまった。
 ピーター少年が主人公を罵る所で泣きたくなったりとかね。
 いい映画ではあった。
 
 が。
 何か物足りない…なんだろう。
 アクションが無いから?(待て
 そうじゃなくて…物語を作り上げていく時の主人公の描写かな。
 多分気がついたら完成してたから、おいてきぼり感を味わったのかも。
 
 何はともあれ。
 ジョニー・デップ格好良い(もういいから
2005/09/07(水)
『イメージバトン』
 色々なバトンがありますなぁ。

 ①○○さんから受け取ったキーワード
 ※②自分がイメージしたキーワード
  ③バトンを渡してくれた○○さんへ
  ④次にお願いする3人

 ①霧生氏から受け取ったキーワード「意思」
 ・・・親孝行
  →禁煙
   →するべきこと
    →勉強
     →恋人
      →ナルシスト
       →鳥肌
        →好奇心
         →インターネット
          →嘘
           →秘密
            →paradox
             →闇
              →誇り
               →意思

 ②自分がイメージしたキーワード
 「意思」ですか。むむ。
 そうすると決めたこと・・・真っ直ぐなもの・・・貫くには覚悟がいるもの。
 時に自らの意思を貫くことは誰かの意思を踏みにじることになるかもしれない。
 月並みですが、イメージしたのは『覚悟』です。

 ③バトンを渡してくれた霧生氏へ
 毎度どうも(それも何か違
 何か物書きに対する挑戦っぽくてよさげです。

 ④次にお願いする3人
 さ・・・んに・・・んかぁ・・・。
 マサルさん、こんなのどうですか? 面白いですよ。
 友人のでんこは見ているのだろうか。見てたらやってみてー。
 あとは・・・ネタに困った人どぞ(汗)
2005/09/07(水)
『映画ぱーと4』
 今日は久々に昼起床。起きてびっくりした。
 いつもなら遅くとも9時には目が覚めるのに・・・。
 まぁ、寝たのが3時過ぎだしな。

 お昼ご飯を食べながら『トゥームレイダー2』を鑑賞。
 アクションシーンは面白かった。銃撃戦もいいけどララ(主人公)がロープ使ったり電飾使ったりして何とか戦う所が自分は好き。
 おいおい、そいつはいくらなんでも無茶だろ、という場面をかいくぐるのは・・・ちょっと笑えるけど気持ち良くもある。
 ストーリーは恐ろしい疫病が入っているというパンドラの箱を巡る物語。
 トゥームレイダーって元はゲームだったよね、確か。
 だからか知らないけど「ゲームだったらここは・・・」とか考えて観てしまった(笑)
 難解なストーリーではないので、気楽に観れる映画だと思う。


 なるべく映画の紹介、というより自分の感想という形で書いていこうと思う。
2005/09/07(水)
『映画ぱーと3』
 最近映画観まくってるので、カテゴリーつくってしまおう。
 ろくな感想は書けないけれど。
 ・・・カテゴリ作るのは寝て起きてからにします。

 「黄泉がえり」観ました。
 ※草薙さんのファンの方怒らないで下さいね。一応。
 後輩の言っていた通り・・・草薙さんの走り方変! 微妙に乙女チック!(笑)
 シリアスな場面なのに、笑えてしまうよ・・・
 いや、草薙さんの演技好きですよ。
 けどねぇ・・・手の振りと内股加減がおかしさを醸し出していて・・・
 はい、草薙さんのことばっか言い過ぎ(苦笑)
 内容は、まぁ、感動物ですね。泣けませんでしたけど。
 死んだはずの人が黄泉がえる・・・やっぱり嬉しいもの、だろうか。
 結局なんで黄泉がえったのかな? そこはうやむやにしたいのだろうけど。
 それにしても柴崎コウは歌上手いですよねぇ。うっとり。
 ああ、そういえばRUIが歌を歌うシーンはちょっと泣きそうになったかな。
 歌詞が良くて聴いてたら引き込まれた。
 
 明日(今日)は・・・きっと2本観るな、うん。
2005/09/05(月)
『映画続き』
 昨日我慢できなくて結局『花とアリス』観てしまった(笑)

 世界観が好きでした。音楽が素敵でサントラ欲し~と思った。
 でも花ちゃん可愛さ余って怖さ3倍・・・そんな人リアルでいたら怖いなぁ。よく許すよなマー君(笑)
 一番印象に残ったのが、アリスが舞うシーン。映像美。思わず「綺麗・・・」と呟いてしまった。やっぱり人間って造形美(意味不明)
 素敵ワールドが詰まった映画でした。
more…
2005/09/04(日)
『映画』
 暇だー、と友人に言ったら「映画でも観れば」と言われたので借りに行ってみた。

 一番借りたかった『笑の大学』が貸し出し中でショック。
 仕方ないから適当にチョイス。
 『ムーラン・ルージュ』『マイノリティ・リポート』『花とアリス』を借りてみた。
 前二つが洋画で最後の一本が邦画。
 
 昨日の夜に借りてきて、まず『ムーラン・ルージュ』を鑑賞。
 お前ら恋に落ちるの早過ぎw そこで歌いだすのかよってつっ込みは、まぁ、ミュージカルにしても仕様が無いな。
 この映画選んでおいてミュージカルは苦手とかいう自分。
 歌は綺麗だったな。ニコール・キッドマンも綺麗だったし。
 
 そして今日『マイノリティ・リポート』を鑑賞。
 出てくる未来の機械が素敵。欲しい(おい
 トム・クルーズの立ち姿が格好良かった。ああいう風に立てたら良いな。
 結構ハラハラものだったかな。所々に「くすっ」と笑わせる所もあった。
 『花とアリス』は明日観よう。


 映画で暇をつぶすのはいいんだけど・・・なんだろうこの変な不満足感。
 時間をつぶしたと言うよりは、映画に時間を食われた気分だ。
 駄目だなー、久々に鬱々。
 仕方ないから絵でも描こう(何か違
 
2005/09/03(土)
『何バトンだ? 画材バトン?』
 もらったのでさくさく行こうー。

 1:よくつかうアナログ画材
   下書き→鉛筆、時々ボールペン。
   色塗り→色鉛筆、コピック、マジック、筆ペン。紙はコピー用紙かスケッチブック。
   落書き→鉛筆、シャーペン、筆ペン、ボールペンで紙なら何にでも。チラシとか紙袋とか(笑)

 2:好きな色
   黒、青、白、黄、深い赤・・・結構あるなぁ。
   コントラストが映える色って好き。

 3:お絵描きのお供
   んー・・・お菓子・・・? こぼさないように注意が必要ですが(笑)

 4:絵をかきはじめたきっかけ
   覚えてないなぁ。でも小学校低学年からは既に描いていたと思う。

 5:バトンをまわす五人
   ふ・・・回す人いないって言うのも疲れたな・・・
   マサルさん、回答してもらったばかりで申し訳ないですがこれもどぞ。
   しかもこれ絵描き限定だしな。むむ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。