--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/10/23(日)
『生まれも育ちも・・・』
 先輩の所からいただいてきました。
 長いので追記と分割します。

 ●十和田湖は秋田県のものだと思っている。
  半分は。青森県にもまたがってますし。

 ●秋田名物八森はたはた男鹿で男鹿ぶりこ~はぁ~と、歌えるが裏秋田音頭も歌える。
  能代しゅんけい檜山納豆大館曲げわっぱ~♪ 裏の方は知りません。
  
 ●秋田新幹線と秋田自動車に望みをかけている。
  そんなでもない。
  新潟と高速道路で繋がってくれとは思います。

 ●名詞の最後に「っこ」をつける。
  近所のおばちゃんはいいますが自分は言いません。

 ●なんだかんだいっても、やはり比内鶏と稲庭うどんは自慢。
  比内地鶏は地元ですし自慢ー。両者共に美味しいんだよっと自信持って言えます。

 ●秋田こまちより、本荘由利でとれるササニシキのほうがおいしいと思う。
  あきたこまちが一番美味しい。

 ●かまくらと梵天コンクールに血が騒ぐ。
  どちらも参加しないからよくわからないなぁ。

 ●「秋田県民歌」が「秋田県民の歌」よりも好きだ。
  県民歌のほうかな・・・?

 ●しかし、1番の「詩の国秋田」を「死の国」だと思いこみビビっていた。
  歌詞を見ながら聞いたので思いませんでした。

 ●パソコンで「秋田」と、打とうとして「飽きた」と出てくると悲しい。
  別にそんな感慨もない

 ●かなりいい年になるまで、節分の鬼となまはげは同じだと思っていた。
  それは間違わない。

 ●ほうきをもつと、ついつい手のひらに立てて、バランス芸を披露してしまう。
  掃除の時間はよくやった。

 ●なべっこ遠足と言えばきりたんぽだ。
  いや、各班好きなものを作りました。
  きりたんぽは調理実習で作りましたよ。

 ●県南部では、なべっこ遠足と言えばいものこ汁だ。
  県北人ですから

 ●きりたんぽは好きだが、だまこもちも捨てがたい。
  確かにー。どちらも比内地鶏のだしが効いてて・・・じゅるり

 ●ファミリーマートがないのに、CMを流すのは、嫌がらせではないかと思う。
  無いのに流すのは嫌がらせかな。

 ●たしかに 能代工業は、バスケットで何度も日本一になっているが、東能代駅構内にあるバスケットゴールと「バスケのまち」の看板は少し恥ずかしい。
  恥ずかしいとは思わないが、疑問に思うことはある。

 ●旧正月に行われる 刈和野の大綱引きに出場したことがある。
  すみませんどこですかそれ

 ●ホームセンターはヤマキ。
  もしくはホーマック

 ●県南と仙台を短絡する国道108号線バイパスの存在は大きいと思う。
  利用しないので何とも

 ●北から順だと、北海道・青森・岩手・秋田なのに、宮城の次にされると腹立たしい。
  順序は関係ないと思う。東北内で五十音なら一番ですね。

 ●キリタンポは家で作って食べるものだ。
  作る時もありますが、同級生の家のお店で作っているものを主に買ってきます。

 ●山形の13号線の広さと真直ぐさに衝撃を受けた。
  どんなものなのでしょう?

 ●町内に三軒は美容院がある。
  田舎の中の田舎ですから。無いですYO。

 ●「ぷあぷあ金星」は出枯一家が好きだ。
  ? なんですかそれ。

 ●しかし、月に一回しか放送しないので、ついつい見るのを忘れてしまう。
  ?? 知らないなぁ・・・

 ●秋田県人たるもの、金萬は28個食べないとならない。
  嫌いでもないけどそんなに食べたいとも思わない。

 ●秋田新幹線は高いとは思うが、便利なので使ってしまう。
  一番使うのは夜行バス。安い。

 ●山形新幹線が大曲までこようがこなかろうが、もうどうでもいい。
  知らないのでどうでもいいかな

 ●でも、米とか新幹線とか、なんでも「こまち」をつければいいってもんではないと思う。
  こまちって言葉は好きですけどね。

 ●修学旅行の安否はCMで知る。
  どうせ皆トリビアで見たよ―って言うんだ!
  私はトリビア見て驚いた人間ですよ・・・

 ●セリオンに一回登ったことはあるが二回目はない。
  遠いので小さい頃一度登ったきり。

 ●「ねねね」の意味がわかる。
  ??? バカボンですか?

 ●納豆の味付けは「砂糖」が当り前だ。
  砂糖は初耳。醤油か塩、そこにからしを入れて食べるのが好き。

 ●県南の人は、県北の人の津軽に近い訛を聞いて「おれらはましだ」と思っている。
  そうなんでしょうか。そういうのを五十歩百歩というのでしょうが。

 ●県南の秋田弁は「単語の訛」がきついだけであってそれを全部取っ払うと標準語になると絶対的に信じている。
  んなアホな。

 ●しかし、単語の訛はおそらく日本一だということは自分たちも自覚している。
  全国の訛りを知っているわけではないので何とも。

 ●乳頭温泉はなにげにエッチだと思う。
  皆思っても口にはしないと思う。

 ●料理の味付けには『味どうらくの里』が欠かせない。
  いや、別に。

 ●日本に飽きたら秋田に『け』」のポスターは「秋田“さ”『け』」の方がしっくりくる。
  ああ、そうかもー。そっちの方がしっくりくる。

 ●湯沢横手道路は正直、無料化したほうがいいと思う。
  有料なの? せこいなぁ。

 ●「 ばばへらアイス」が夏の風物詩である。
  今年食べ損ねたー!!(泣)

 ● 秋田みなと温泉あったまり~なを「頭わりいな」と呼んでいる。
  そんなものがあるんですね

 

●鳥海山が「山形の山」としてTVで言われると悲しい。
  え、秋田の山でしょ?

 ●フェラガモというブランド名を初めて聞いたときは驚いた。
  別に。

 ●高校生のたまり場はイトーヨーカドーだ。
  地元ではい○くとジャ○コがたまり場。

 ●秋田の特別仕様車「なまはげカローラ」の存在が恥ずかしかった。  恥ずかしくはない。どうでもいいとも言う。

 ●カップルで 辰子像 を見ると別れると信じている。
  知ってはいるが信じてはいない。

 ●その辰子像だが、全然秋田美人ではないと思う。
  像にそんなこと言っても・・・

 ●新幹線こまちに乗っていると、秋田に近付くにつれ、灯がなくなっていくのが哀しい。
  そうだなぁ。真っ暗な田んぼが広がる~

 ●大文字祭りは、アチコチの祭りのパクリもんを詰め込んだ感じがしないでもない。
  否定はしないが祭りってそんなものだろう。
  伝播してきたものが土地に根付いてそれからオリジナルになっていくものでしょう?

 ●大曲花火は、花火職人の甲子園だと確信している。
  そうかも。テレビでしか見たことないけど。

 ●二ツ井町の“きみまち杉”が日本一であることは、町民以外知らない。
  知らないなぁ。何度も行っているが。
 
 ●「踊る大捜査線」で柳葉敏郎が室井管理官役でちょこちょこ発する秋田弁が楽しみでしょうがない。
  自分のヒアリング能力では聞き取れないんだよね(苦笑)

 ●弁当といえば「たいあん弁当」。特に唐揚げが好きだ。
  ? 知りません。普通にほっかほっか亭です。

 ●セリオンは少し傾いているように思う。
  じっくり見たことは無い。

 ●「大いなる秋田」が完璧に歌える。
  歌えません。

 ●TBSがないから他県の友人によくいじめられる。
  いじめられませんけど。
  地元の電波のいい所だと見れたりする(裏話

 ●しかし、青森にはフジがないからと、すり替えてどうでもいい優越感にひたる。
  どうしてどちらの県もそれぞれ無いんだろう。不思議。

 ●買い物はマックスバリューが常識。
  地元ではい○くかな。

 ●マジシャンと言えば、ブラボー中谷。
  ああ、思い浮かんでしまう(笑)

 ● 究極の秋田弁は「かまきゃす」。
  何て意味? これからの時期、ぬくだまるなんてどうでしょう。

 ●食パンは「本食」と呼ぶのが普遍的だと思っている。
  へんな聞き方ですね。どちらでもいいと思っています。

 ●宮城県には、はなから勝とうとは思っていない。
  何でライバル意識しているのか?

 ●とりあえず、石坂洋次郎の小説「青い山脈」は読んだ。
  すみません読んだことありません

 ●ほっぺちゃんカードを持っている。
  持ってないなぁ

 ●全国ニュースで男鹿が紹介されるときアクセントが違うことにいつも腹を立てている。
  どんなアクセント? 聞いてみないとわかりません

 ●同様に大学芋は「大学ポテト」である。
  どっちでもいいやん。

 ●ゴールデンウイークといえば、ミズの季節だ。
  その頃でしたっけ? ミズは食べますけど。

 ●県南住民は情報誌「あんどなう」を読むのが常識である。
  どうせ県北人ですよ

 ●「東京でも有名ですよ」の秋田予備校のCMは半信半疑だ。
  基本的にCMは半信半疑

 ●秋田藩が官軍に寝返った理由を知っている。
  習った通りなら

 ●秋田音頭とドンパン節が歌える。
  ワンフレーズくらいなら

 ●新聞と言えば当然「 秋田魁」だ。
  地元では北鹿新聞です

 ●コーヒーショップといえばナガハマコーヒーだ。
  ? どこ? スタバか地元の喫茶店によく行く。

 ●「あきたこまち」の袋が、こまち娘から漫画「釣りキチ三平」に変わった理由を知っている。
  知りません

 ●遺伝子学的に日本一酒が強い県だということが証明されたことを言い訳に、つい深酒してしまう自分を否定できない。
  お酒強いんじゃなくて好きなだけじゃないだろうか。深酒はしたことないです。

 ●忠犬ハチ公が生まれた大館の駅前のハチ公像が本物で、渋谷にあるのは認めていないが、知名度の点で天文学的な差があることが悔しい。  ハチが有名なことには変わりないので嬉しいですけど。
  ちなみに大館市内にはもう一つハチ公の像がありますよ。

 ●かあちゃんの楽しみは「がっこ茶」だ。
  おばあちゃん世代でしょう、それは

 ●「あめる」論争が必ず勃発する。
  腐るとかだっけ? 忘れました。

 ●『はばたけ秋田っこソング』が歌える。
  知りません

 ●ヨーロッパ系白人のDNAが入っているような気がする。
  色白の所が? それは勘違いも甚だしいと思うのですが
 
 ●ババヘラアイスが全国区だと思っている。
  販売している所が? それは秋田だけですよね。

 ●ポテトサラダ、野菜の一夜漬けを作るにも砂糖はかかせない。
  ポテトサラダには入れませんがマッシュドポテトには入れます。
  一夜漬けには・・・どうだったかな

 ●仙台にもあるファッションビル、フォーラスがあることが自慢。 
  実家から遠いしなぁ。高いし。

 ●アメッコ市のアメを食べないとウジがわくとか、この日にアメをたべれば風邪をひかないと信じている。
  強く信じているわけではないが、食べない年は無い。

 ●ブラスバンド部に所属していた。
  いいえ

 ●まれにギャルヘラに当たると嬉しいような、物足りないような気分になる。
  ?? なんですかそれ

 ●どぶろくの密造をしたことがある。
  曾ばあさんが戦時中にしてたそうな
 
 ●家の花壇のまわりになぜかサザエの殻がおいてある。
  自分の家にはおいていない。カルシウムがいいのかな?

 ●秋田駅の東口を駅裏という。
  どうせ(以下略

 ●老いも若きも、女でも一人称は「おれ」だ。
  お年寄りはいうかもしれないけど、親の世代からはそんな人いないと思う
 
 ●国道7号線を臨海と呼ぶ。
  道路は詳しくないです

 ●北日本で最大規模の花火大会「大曲花火大会」が自慢だ。
  あれは自慢できると思う

 ●同じく145メートルの高さのセリオンも大きな自慢だ。
  自慢できるのアレ・・・?
 
 ●畑のキャビアと呼ばれる特産のとんぶりだが、本物のキャビアを食べたことがないので、実はその真偽のほどはわからない。
  は? あれって見た目からそう言われているのではないのか?

 ●夏の楽しみであり自慢の竿燈だが、倒れてきた竿で頭を打ったことがある。
  参加したことは無いです

 ●他県に行った時、出身地を聞かれ「秋田」と言ったはずなのに、いつのまにか「青森はいいところですね」ということが過去3回あった。  そんなことない

 ●秋田出身だというと「 泣ぐ子はいねがぁー」と、なまはげの真似をしてくれとせがまれたことがある。
  せがまれたことはない

 ●秋田美人に会ったことがない。
  同級生は秋田美人ばかりですよ。本当に。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。