FC2ブログ
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/09/07(水)
『映画ぱーと5』
 外は台風の影響で大荒れですが、外に一歩も出なくていいので無問題です。

 明日には返さなくてはならない『ネバーランド』を鑑賞。
 空想がちな劇作家が公園でとある未亡人とその息子たちと出会う。
 彼らと触れ合ううちにある物語が浮かんでくる。
 
 ジョニー・デップ格好良い…(ミーハー
 紳士服が似合う人って良い。良いよ君。
 ちょっと優男っぽいけど。
 未亡人のお母さんもなかなか良い嫌味なおばあさんっぷりで良かった。
 涙ながらにクラップする所はちょっと笑ってしまったけれどさ。
 そこであんたが真っ先に拍手?! って。
 いえ、笑える映画ではありませんよ。感動物です。
 胸の中にすとんと降りてくる感じの物語でした。
 変なところで泣きたくなってしまった。
 ピーター少年が主人公を罵る所で泣きたくなったりとかね。
 いい映画ではあった。
 
 が。
 何か物足りない…なんだろう。
 アクションが無いから?(待て
 そうじゃなくて…物語を作り上げていく時の主人公の描写かな。
 多分気がついたら完成してたから、おいてきぼり感を味わったのかも。
 
 何はともあれ。
 ジョニー・デップ格好良い(もういいから
スポンサーサイト
マサル
僕も見ましたよネバーランド。
同じく泣ける場面であろう場所で泣けなかったですね
子供が窓から飛んでいく場面でじわりとしたりした
2005/09/08(木) 06:48:54 | URL | [ 編集]
az
未亡人がネバーランド(?)に降り立つ所もじわっと来ました。違うツボをつかれる映画でしたね、何か(苦笑)
2005/09/08(木) 12:40:23 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。